サイトメニュー

取り除いた後が肝心

カウンセリング

跡が残るかもしれない

ほくろを除去した場合、治療方法や大きさに関係なく、取り除いた跡が残ることを理解して治療を受けることが望ましいでしょう。レーザーやくりぬきといった治療方法を選ぶだけではなく、アフターケアやセルフケアに対してカウンセリングで話を聞いて治療を受けてください。また、除去の後にシミができるリスクも懸念されているため、シミができないように紫外線対策を万全に行って治療をすることが大切です。再発防止にもセルフケアは大きく役立つため、取り除いてからすぐに全てが完了するわけではなく、長期間の紫外線対策をしましょう。紫外線対策を行うことでシミやほくろの再発を防ぐことが可能といわれています。除去してからすぐは患部を保護するテープをつけてもらえますが、入浴する時などに外れてしまうことも珍しくありません。患部を適切に保護するために医療機関に通ってテープをつけてもらうことも、アフターケアを受けるための一環といえるでしょう。色素沈着を防ぐ紫外線対策や、日焼け止めの用意を日常的に行うことも大切ですが、それだけでなく化粧品やスキンケアでも紫外線対策は重要です。また、患部を乾燥させないほうが湿潤法によって速く治りやすいといわれているため、除去後は入浴や交換時以外テープをはずさないようにしましょう。ほくろの除去は美容整形では自由診療の一環とされているため、費用は医療機関や地域によって多少異なります。また、施術の方法によっても多少費用が異なるため、医療機関で状態を確認し、どんな治療を行ったらいいのか相談しましょう。使用される方法としてはレーザーや切って取り除く手術の方法が一般的といわれている為、参考にしてください。なお、ほくろが平たくふくらみがないものよりも、ふくらみがある物が割高になる可能性があるため、注意しましょう。また、大きさによっても料金が異なるため、前もって確認しておくことが重要といわれています。平均的な相場として上げられているのは、直径1mm未満の場合、1つ5千円程度とされ、それ以上となると1万円、大きな物は数万円です。更に初診料・カウンセリング料・アフターケア代金がかかることも珍しくありませんので、確認してください。医療機関によっても異なりますが、平均的に数千円程度の金額で済むため、それほど大きな出費にならずに済むでしょう。皮膚がんの恐れがある場合、保険適用により自己負担によって割安となることが多いことから、カウンセリングで医師に判断してもらいましょう。美容整形の除去は、皮膚科や形成外科よりも高めになってしまいますが、理由として美しく仕上げるからというのが挙げられています。