サイトメニュー

安全に取り除く

水着姿の女性

傷跡が目立ちにくい

目立つ部分にほくろがある、大きく盛り上がっているなどで悩む人は多いですが、大きなものとなるとコンシーラーでカバーするのも難しくなってしまいます。根本的に悩みを解消していくとなるとやはり除去を行うこととなりますが、ほくろの除去は美容外科で行う人が多くなっています。美容外科が人気の理由も知っておきたいですが、まず医療機関による治療ですので、ほくろの検査もしっかりと行ってくれるので安全な除去が行えるということがあげられます。中には悪性のものもありますので、自分で除去クリームなどを使うことは思わぬトラブルが起きてしまう可能性もあります。その点、医療機関では治療前は検査が丁寧に行われますので、安心して施術を受けることができます。さらに治療方法もメスを使う方法からレーザーなど様々な種類が用意されていますので、それぞれの症例に合わせて最適な治療を選ぶこともできます。しかも即効性に優れており、小さいものや浅いタイプなら一度の施術で完全に取り除けることも多くなっています。そして、除去したあとは傷跡が残らないかという心配もあります。その点、美容外科は美容目的の治療を得意としていることもあり、ただ取り除くだけではなく、できるだけ傷が目立たない自然な仕上がりになる治療を提供してくれます。美容外科でほくろ除去を行うにはまずは準備が必要です。きれいに除去できることはもちろん、できるだけ傷を残さないことも大事ですのでクリニックは慎重に選んでいきましょう。来院してすぐに除去が行われるのではなく、まずはカウンセリングが行われ、ほくろの状態や肌の状態を確認し、それぞれに最適な治療が提案されます。この際は傷を目立たなくしてほしい、痛みの少ない治療を選びたいなど患者さんの要望もしっかりと聞いてくれますので、希望はきちんと伝えておくことが大事です。治療内容や費用に関しても気になること、わからないことがあれば質問しておきましょう。治療内容や費用にも納得ができればいよいよ申し込みとなりますが、申込方法は医療機関ごとに違いがありますので、それぞれのクリニックに応じた手続きを行います。ほくろの種類によっては良性か悪性かを調べる必要がありますので、事前に検査を行い、安全に除去できるかを判断します。当日は施術箇所に麻酔クリームなどで痛み止めを行いほくろを除去していきます。施術は炭酸ガスレーザーやメスによる切除など色々な方法がありますが、いずれの場合も長い時間は必要としません。治療が終わったら料金を支払い、塗り薬などをもらって帰宅します。

顔に触れる女性

4つに分けられる母斑

ほくろはミーシャー母斑とウーナ母斑、クラーク母斑であることが多いです。顔にできやすいミーシャー母斑は気になるようであれば、エルビウムヤグレーザーなどで瞬時に除去することが可能です。色素沈着が起こる可能性は否めません。

詳しく見る

女性

美容整形外科の施術内容

美容外科クリニックはほくろをとてもきれいに除去できることがメリットなので、利用するときはそのことを忘れないようにしましょう。病院選びの際は皮膚科に紹介してもらうか、ネットで利用者のレビューなどを確認して妥協のないようにするべきです。

詳しく見る

カウンセリング

取り除いた後が肝心

ほくろ除去はした後の紫外線対策をしっかりしておくことや、湿潤法を実践したほうがきれいに治るといいます。平均的に5千円から数万円程度の金額となっているのがポイントで、保険診療可能な場合も少なくありません。

詳しく見る

看護師

母斑細胞が増殖した腫瘍

母斑細胞が増えるとほくろとして現れますが、増える位置が表皮と真皮の間の場合は境界母斑、少し奥で増えると複合母斑、真皮に行くと真皮内母斑といいます。出っ張りが大きくなりがちなので、エルビウムヤグレーザーなどで除去するといいかもしれません。

詳しく見る

人気記事